結婚式の二次会で共感して頂けるようなことをまとめてみました。

二次会に行くには服装を変えなければいけないのですか?

屋外でするタイプの二次会

結婚式会場から二次会現場へと向かう際、自身のドレスアップされた姿で行ってもよいのだろうか?とこの辺の勝手がわからない人も多いかと思われます。

結論から言えば、一次会の時のドレスアップされた姿で構いません。これは男女ともに着替える必要はありませんが、二次会といった比較的フランクな場では、ファーなどの衣服は動きづらいですし邪魔になるかもしれません。

余計だなと思った衣服はバックやコインロッカーなどに納めておき、事前に上から着る動きやすいジャケットを用意しておくと後々便利です。

髪型に関しても、男性の場合は髪が長くない場合が多いのでここでは割愛しますが、一次会会場でのヘアセットを行った状態で二次会会場に行っても大丈夫です。

一次会である折お式や披露宴では「光もの」と呼ばれる派手な宝石類はNGなのですが、二次会会場ではこれらの規則がゆるく、派手な宝石類でも着用が認められるところがほとんどです。

ですが、二次会といえども主役がいることを忘れずに、少し抑えた光ものを着用するように心がけましょう。二次会会場に行ってみたら、他の人たち全てが着替えてカジュアルな格好をしていた!という事になれば、それはもう運が悪かったという他なく仕方がないのドレスアップしたまま他の人たちと接しましょう。

この例は極端な物なのですが、ほとんどの人は一次会の時とほぼ同じ服装ですので、自身の友達などと一緒に服装選びを行うとこのようなトラブルを防げます。

着物やドレスの場合は流石に動きずらいと思うので、カジュアルなワンピースなどの服装に着替える必要があります。近くに更衣室があればよいのですが、余り共用トイレでの身支度は他の利用者の迷惑になる可能性があるのですすめられた方法ではありません。

一次会会場、または二次会会場でのカジュアルダウンをおすすめします。きちんと場に合わせた服装を心がけるのが作法というものですが、今まで根を詰めてきた一次会ですので、主役より目立たなければ大抵は場に合っている物だと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー